研修

どの科に行っても必要な知識や手技の基礎を救急研修で学びましょう。

2年目、後期研修ではさらに深く学ぶことが出来ます。